ジーエヌアイ(GNI) 決算(IR)ギャンブル

保有しているジーエヌアイグループのIRが本日出ます。
それによって株価が大きく動くのは間違いないです。
上に動くことを期待して全数持ち越します。

*正確には決算ギャンブルではなくて予告IRギャンブルです

ジーエヌアイグループとは

日本のマザーズに上場している中国を拠点としたバイオベンチャー企業です。

アジア(特に中国)に多い疾患をターゲットにしています。

メインのパイプラインは「アイスーリュイ」と「F351」の2つ。

アイスーリュイはすでに中国で販売・承認されている特発性肺線維症治療薬で販売は好調。
急速な売上拡大に大いに貢献しています。

F351肝線維症治療候補薬として開発中の新薬で、現在臨床試験中。
その第2相の結果が良好だったとしてIRが出され、その後の1週間で株価は倍になりました。

IRで株価は3倍に

IR(Investor Relations)とは株主や投資家向けに業績、実績や今後の見通しなどを広報する活動のこと。

IRは株価に大きく影響します。
ポジティブな内容であれば上に跳ねますし、その逆であればストップ安になることもあります。

また株価はIRだけでなく、決算発表でも大きく動きます。

決算は発表日が事前に告知されています。
その決算日をまたいで株を持つことを、決算ギャンブルと呼んだりします。

決算ギャンブル:
企業の決算が発表される前のタイミングで、業績が予想を上回るのではないかなどと期待して半ば賭けのような形で株を売買すること。
好決算が発表されても「材料出尽くし」と受け止められ、株価が値下がりすることも少なくありません。

https://www.daiwa.jp/glossary/search.html?searchTextInput=%E3%82%AE%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%96%E3%83%AB

逆にIRは予告なく出ることがほとんどです。
サプライズということもあり、株価は大きく動くことが多いです。

先のF351の第2相結果のIRの中に以下の記載があったこともあり、翌日から2連続のストップ高となりました。

当社としては、この結果を踏まえ、中国市場での上市ならびに米国、日本における可能性の検討について、2020年9月下旬から10月上旬をめどにその戦略的な方向性についてお示しできるように努めてまいります。

https://ssl4.eir-parts.net/doc/2160/tdnet/1876740/00.pdf

IRの予告IR

そして報告性を示すと予告されていた9月下旬(9/29)のIRに以下の記載がありました。

2020年8月17日の開示において戦略的な方向性を9月末から10月上旬をめどにお示しできるよう努める、としたことについては、2020年10月16日に実施する予定としております。

https://ssl4.eir-parts.net/doc/2160/tdnet/1885956/00.pdf
ジーエヌアイ(GNI) 決算(IR)ギャンブル

まさかのIRの予告IRです。

中身については何も触れられていないものの、市場は大きく反応し、前日に機関の空売りにより3,000円を割っていた株価は4日後には上場来高値を更新する4,000円を付けました。

8月中旬のF351のIRが出る前の3倍です。

ただ予告IRの期日を間近に迎えた今週、株価は5%程度下落しています。
(本日はまた上昇中)

本日の15時にIRが出ると思われます。

IR前に利確するのも賢い選択です。むしろコツコツいくならそれが定石です。

しかし、この会社に魅力を感じて応援していることもあり、持ち株の全数をIRを跨いで持ち越すことに決めました。

この結論は投資ではなくて投機・博打です。

IRギャンブルに勝てるといいのですが、果たして…。

現在の株価はコチラで確認できます。

(株)ジーエヌアイグループ【2160】:株式/株価 – Yahoo!ファイナンス

【追記】IRの結果

ギャンブルに負けました…。

特に目新しい内容のないIRだったため、金曜日の夜間取引(PTS)はストップ安で張り付いています…。

下手したら2連続のストップ安になるかもしれません…。
市場は開くのは月曜日の9時なので、重い気分で週末を過ごします。

【追記】IRの補足のIR

金曜日のIRを補足するIRが土曜日に出されました。

金曜日のIRが分かりにくかったからか、IR窓口に問い合わせが複数あったようです。
(掲示板やYouTubeにそのような記載が散見されました)

補足のIRには“現在治療薬のない肝硬変に対し、F351が治療薬として期待でき、末期の患者への先行投与をできるように新薬の早期承認申請していく”というサプライズがありました。

また新薬承認を見越して工場の整備も進んでいるとの記載もありました。

これにより月曜日の寄らずのストップ安の不安はなくなり、朝イチに大きく下げるものの、ある程度のところまでは戻るのではないかと期待を込めて予測します。

[10/19 10:00 追記]
売り方:200万 / 買い方10万 というとても寄りそうにない状況です。
このままだと2日連続ストップ安もありそう…

金曜日は相当凹んでいましたが、不安はだいぶ緩和されました。
しかしGNIのIRは出し方が下手過ぎ…。


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村