ローソン お試し引換券 予約終了 残りわずか

お得に商品が取得できるローソンのお試し引換券ですが、アプリで”残りわずか”と表示されているのにいざ予約(取得)しようとすると、”予約受付が終了したため予約できませんでした”とエラー表示になることがあります。

そんな状況でも店頭のLoppiだと取得することができることがわかり、とてもスッキリしました。

お試し引換券とは

お試し引換券はPontaもしくはdポイントを原資にローソンの商品と交換できるクーポンです。

店頭での販売価格の半額以下のポイントでクーポンを取得できるのでとても人気があります。

お試し引換券の取得はローソンアプリ、PontaアプリかLoppi端末の3つから可能です。

ローソンはPontaを運営するロイヤリティ マーケティング社との関わりが深い(出資比率20%)のでPontaしか使えないと思っていましたが、dカードでも同じように使えるようです。

ロイヤリティ マーケティングの主要株主とその比率
・三菱商事 22.37%
ローソン 20.00%
・KDDI 20.00%
・リクルート 15.00%
・日本航空 15.00%
・三菱UFJ銀行 5.00%
・ゲオホールディングス 2.63%

Apple Payで払うと勝手にポイントが貯まる

僕はコンビニはローソンを一番使います。

ローソンでは支払いにApple Payを選択すると、Pontaかdカードのどちらかのポイントカード(任意)を自動で読みとることができます。

僕はPontaもdカードもiPhoneのウォレットに追加しています。

しかしバーチャルカードとはいえ、支払い時にポイントカードを読み取ってもらうのはとても億劫に感じます。

ローソンがApple Payのポイントカード自動読み取りに対応してくれたのは、ローソンのロイヤリティ向上にとても寄与しています。

ちなみにロイヤリティは英語では2つの言葉があります。

Loyalty:忠誠、忠義、忠実、誠実、愛情、愛着などを意味する

Royalty:著作権・特許権・商標権などの「使用料」を指して使われることが一般的。その他王族、王位の意味も。

この場合は前者で、ロイヤリティ マーケティング社(Loyalty Marketing)もそちらです。

アンケートで貯まる

買い物の際にポイントカードを出すと購入金額の1%程度のポイントが貯まります。

それ以外にPontaリサーチというアンケートサイトでアンケートに回答すると購買行動とは関係なくポイントが貯まります。

webアンケートだと1-100pt程度ですが、新商品の座談会や個別のヒアリングに参加すると10,000ポイントくらい一気にもらえます。

また来店したローソンのミステリーショッピングとして、気になった点や良かった点を回答すると20ptもらえます。

20pt=20円と考えるとショボいですが、5回答えるとプレミアムビールがもらえると思うと20pt=50円くらいの価値があります。

アルコール飲料のお試し引換券は争奪戦に

通常のお試し引換券はAM7時にリリースされますが、アルコール飲料は17時から。

平日の17時はガッツリ仕事をしていることが多く、気がついたときには「受付終了」や先述の「残りわずか」の表示が並びます。

そこから「残りわずか」の引換券を取得しようとしても、「お試し引換券の予約受付が終了したため、予約できませんでした。」のエラーが出るという、禅問答のような無限ループに陥っていました。

「終了したなら受付終了にしておけよ」

これを何度思ったことでしょうか。笑

お試し引換券の裏技にトライ

2022年4月20日(水)のお試し引換券祭に参戦し、無事に2種類のビール(スプリングバレー豊潤<496>とパーフェクトサントリービール)を入手。

翌日の木曜日にはほぼ全てのビールは「受付終了」になっていましたが、プレミアムモルツ<香る>エールが復活(?)していました。

しかしローソンアプリでお試し引換券を取得しようとすると、いつもの無限ループに陥ります。

こんな状況でも、ローソン店頭のLoppiではお試し引換券が取得できます。
(できないこともあるかもしれません)

今回も無事に発券することができました。

店頭の場合はいきなり引換券の取得(発券)となりますが、アプリの場合は予約→利用(発券)という2ステップとなるため、在庫数 > 予約数となっているんだと推測します。

ポイ活に興味がある方はぜひApple Pay + Ponta/dカードでポイントを貯めて、お試し引換券祭に参加してみてください。


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村