川崎市の純水ドライブスルー洗車機

東名川崎インター近くにあるENEOSのドライブスルー洗車機が「純水仕上げ」仕様になりました。
最後のすすぎが純水になることで、水染みが残りにくくなります。

純水洗車というと高価なイメージがありますが、洗車機なので品質とコストパフォーマンスがいい感じに両立されています。

Dr.Driveセルフ東名川崎インターSS

純水仕上げの洗車機があるのは神奈川県川崎市宮前区の尻手黒川道路沿いの「Dr.Driveセルフ東名川崎インターSS」です。

こちらはKeePer プロショップにもなっていて、先日のクリスタルキーパーもこちらで施工してもらいました。

洗車メニュー

洗車メニューは以下の通りです。

①シャンプー洗車 [2.5往復] 500円
②コーティング車専用 [2.5往復] 800円
③DUコート洗車 [2.5往復] 1,000円
④クラスコートサラ [3.5往復] 1,600円
⑤プロストコート [3.5往復] 1,900円

*EneKeyの割引価格

僕のカングーにはクリスタルキーパーでコーティングしているので、②のコーティング車専用を選んでいます。

①のシャンプー洗車との違いをスタッフさんに聞いたところ「コーティングの上の汚れだけを落とすような洗剤を使っています。クリスタルコートをしているなら②がオススメです。」という回答でした。

原理はよくわかりませんが、そういう仕様だそうです。

純水仕上げとは

ドライブスルー洗車の純水仕上げとは、最後のすすぎが純水になっている仕様のことです。

純水ですすぐことにより洗車後の拭き上げをしなくても「水シミ」が発生しにくいというメリットがあります。

「純水」とは
「逆浸透圧(膜)の原理」で、水道水の中に溶け込んでいるナトリウムやマグネシウムなどをほぼ完全に除去したピュアな水のことです。

「純水仕上げのメリット」
透明感のある仕上がり
コーティング施工車にピッタリ
うろこ状の「水シミ」を作らない

https://www.keepercoating.jp/proshop/kanagawa/city757/00281/

②のコーティング車専用は以下の流れでした。

1-2往復目:コーティング車用シャンプー + ブラッシング *非純水
3往復目:往路_純水 + ブラッシング / 復路_純水すすぎ(ブラッシングなし)
4往復目:ブロワー(片道のみ)

僕は洗車機に入れている間に内窓の掃除をします。

内窓にムラがあると非常に気になる性格なのですが、こちらの「XCLEAR(エクスクリア)」を使ってから簡単に満足できる仕上げができるようになりました。

✔ 2度拭きなし!
✔ 乱反射なし!
✔ 白い拭きアトなし!

このコピーに間違いはありませんでした。

大容量タイプはマイクロファイバークロスも付いているので、僕はコチラを選んでいます。

水拭きせずに放置してみた

純水仕上げ洗車は水シミが残らない(残りにくい)ということなので、実際に試してみました。

拭き取りは一切せずに帰宅しましたが、まだクリスタルキーパーが効いていることもあり、水滴の大半は落ちていました。

1日後に見てみたら水シミやウロコはありませんでした。

1年後にまたクリスタルキーパーを施工する予定なので、それまでは月に2回程度この純水仕上げの洗車で乗り切ろうと思います。


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村