白州 似た ウイスキー

僕はサントリーの「白州」が最も好きなウイスキーです。
好きすぎて白州蒸留所にも見学に行きました。

しかし最近はジャパニーズウイスキーの人気の高まりから、なかなか定価で購入することができないので、白州に似たウイスキーを探したところ、「スペシャルリザーブ」が味わいもコストもしっくりきました。

ようやく探していた1本に巡り会えてうれしいです。

白州は白州蒸留所のシングルモルトウイスキー

前提として「白州」について書いていきます。

「白州」はサントリーの白州蒸留所で作られるシングルモルトウイスキーです。

シングルモルトウイスキーについてはサントリーのサイトの定義を流用します。

Q.「シングルモルトウイスキー」とはどんなウイスキーですか?

A.「シングルモルトウイスキー」とは、単一蒸溜所のモルトウイスキーだけを混和し、瓶詰めしたウイスキーのことです。

*『山崎』『白州』がこれに当たります。個性豊かなモルトウイスキーの味わいをお楽しみいただけます。

サントリーお客様センター

また白州蒸留所の見学施設にはもう少し詳しい記載がありました。

「シングル」とは”一つの蒸留所”を意味します。つまり、一つの蒸留所のモルトウイスキーだけを混和してつくられたウイスキーのことで、その蒸留所ならではの個性がきわだつ味わいとなります。南アルプスの山々で磨かれた地下天然水と、豊かな森に溢れる自然の恵みは、白州蒸留所の匠の技でつくられるモルトウイスキー原種の味と香りを豊かにしてくれます。
「人と森が作るウイスキー。」それがシングルモルトウイスキー白州なのです。

モルトウイスキーとグレーンウイスキー

またウイスキーは原料と製法の違いによりモルトウイスキーとグレーンウイスキーに二分されます。

モルトウイスキーの原料は大麦(麦芽)だけですが、グレーンウイスキーは大麦以外にとうもろこしや小麦などを使います。

一般的なウイスキーはシングルモルトにグレーンウイスキーを混ぜて作るブレンデッドウイスキーにカテゴライズされます。

そのブレンデッドウイスキーの味を決めるキーとなるシングルモルトをキーモルトと呼びます。

白州をキーモルトにしたウイスキー

サントリーは国内に山崎蒸留所(大阪)と白州蒸留所(山梨)の2つの蒸留所を持っています。

国産のブレンデッドウイスキーはそのどちらか(もしくは両方)をキーモルトに使っているため、白州をキーモルトとし、その個性が残っているウイスキーを探しました。

ちなみに僕はウイスキーは99%ハイボールで飲んでいます。

① サントリー「白角」

一発目にして「これでいいじゃん」と思わせてくれたのが「白角」でした。

サントリーの角といえば、黄色の角瓶が有名ですが、あちらは山崎蒸留所と白州蒸留所のバーボン樽がキーモルトです。
味わいもコクが強く脂っこい料理との相性は抜群ですよね。

居酒屋でハイボールを飲む分には大好きなのですが、自宅では食後に単体でハイボールで飲むことが多いので、ちょっと強すぎるきらいがあります。

その点「白角」は白州蒸留所のホッグスヘッド樽をキーモルトとしており、非常にスッキリとした味わいです。
日本食などの料理との相性が良いと言われていました。

価格も700ml瓶で1,000円強と非常に安価で愛飲していたのですが、原酒不足となり2019年3月で休売。

最後に数本買い集めたものがあと2本だけ残っているのですが、もったいなくて飲めません。

「白角」の終売発表後に他メーカーながら似たようなスッキリとした味わいのキリン「富士山麓 樽熟原酒50°」に助けを求めたのですが、こちらもほぼ同時期に休売。

ともに終売ではなくて休売なのが唯一の救いですが、原種不足が解消するのは果たしていつなのか…

②サントリー「スペシャルリザーブ」

1,000円強で買えた「白角」や「富士山麓 樽熟原酒50°」が店頭から消えてからは、スコッチウイスキーを飲んだりしていました。

先日デュワーズ12年(近所のオーケーで1,700円くらい)が空になったので、白州をキーモルトした「スペシャルリザーブ」を試してみたところ、想像以上に白州を感じられました。

「白州」の特徴である森を思わせる爽やかな味わいはまさに「白州」のそれで、舌が肥えていない僕にはブランドテストしたら「白州です」と言ってしまいそうなくらいに美味しいです。

価格もオーケーなら2,500円(税込)ほどなので、ガバガバと飲まなければ程よいコスパを維持できそうです。

白州が好きな方にはぜひ試して欲しいウイスキーです。

諦めずに「白州」も探し続けます。


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村