サントリー白州蒸留所Bar

入手困難になっているサントリーの国産ウイスキー「山崎」と「白州」がローソンの店頭に並んでいます。

シングルモルトウイスキー「山崎」と「白州」

2014年のNHKの連続テレビ小説「マッサン」の放映以降、国産のウイスキーの人気に火がつきました。

それまでもハイボールを中心にウイスキー需要は回復傾向にありましたが、「マッサン」の影響で国産でもシングルモルトのウイスキーへの注目度が高まりました。

国産の大手のシングルモルトウイスキーではサントリーの「山崎」「白州」、ニッカの「余市」「竹鶴」「宮城峡」が有名です。

Q.「シングルモルトウイスキー」とはどんなウイスキーですか?

A.「シングルモルトウイスキー」とは、単一蒸溜所のモルトウイスキーだけを混和し、瓶詰めしたウイスキーのことです。
*『山崎』『白州』がこれに当たります。個性豊かなモルトウイスキーの味わいをお楽しみいただけます。

サントリー お客様センター

シングルモルトでも特に熟成されたヴィンテージウイスキーの価格の高騰っぷりには目を見張るものがありました。

25年、18年といった熟成年数の長いプレミアムウイスキーから市場より姿を消し、今では12年も激レア、年数表記のないノンエイジ(NA)品も店頭では見かけなくなりました。

ちなみに「山崎」は大阪の山崎蒸留所で、「白州」は山梨の白州蒸留所で作られたシングルモルトウイスキーで、僕は「白州」の方が好みです。

最も入手しやすいのは180ml瓶

シングルモルトウイスキーは700ml瓶での販売が基本ですが、「山崎」「白州」に関しては180ml瓶でも売られています。

価格もほぼ変わりません。

700ml100ml当たり180ml100ml当たり
山崎/白州4,200円600円1,140円633円

700mlは店頭に並んでいても直ぐに転売ヤーに買われちゃったり、また残っていてもプレミアム価格だったり…。

その点180mlはメインの販売チャネルがコンビニであり、転売もしにくいのか比較的入手しやすい傾向にあります。

ただしいつでも入手できるわけではなく、店頭に並ぶと直ぐに売れちゃうので、出荷されてからの数日が勝負です。

ローソンへGO!

Twitterで検索したところ一昨日くらいからローソンでの目撃場情報がアップされています。

買うなら今がチャンスです!!

僕も昨日ローソンで「山崎」「白州」が2本ずつ売られているのを発見し、各1本ずつ購入しました。
もちろん自分で飲む用です。

サントリー ウイスキー 山崎 白州 コンビニ 180ml

どちらもアルコール度数は43%。

ワンショット(30ml)使って200mlのハイボールを作ると、アルコール度数6.5%のハイボールができます。

1瓶で6杯分のハイボールが作れるので、1杯当たり200円くらいの計算です。

お店で飲むと「山崎」「白州」のハイボールは7-800円くらいするので、それに比べると気軽に楽しめます。

普段は700mlで1,000円台で買えるデュワーズやカティーサークといった輸入のブレンデッドウイスキーをハイボールで飲むことが多いのですが、たまに国産のシングルモルトウイスキーを味わうのもいいですよね。

1000円台のウイスキー

7-8年前はBarに行けば、山崎12年やレアなウイスキーを気軽に飲めたのですが、またそういう日が来るのでしょうか…。


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村